GCT-Bマニュアルプレーンビームトロリー

簡単な説明:

手動ギアビームトロリーとは異なり、手動プレーンビームトロリーには駆動輪がありませんが、4つの駆動輪があります。使用するときは、車輪を手で直接押して、トロリーをIビーム上で前後に動かします。インストールと使用が非常に便利で、メンテナンスも簡単です。また、ハンドトロリーは経済的で手頃な価格であり、日常生活に欠かせないハンドツールです。


製品の詳細

製品タグ

製品情報

手動ギアビームトロリーとは異なり、手動プレーンビームトロリーには駆動輪がありませんが、4つの駆動輪があります。使用するときは、車輪を手で直接押して、トロリーをIビーム上で前後に動かします。インストールと使用が非常に便利で、メンテナンスも簡単です。また、ハンドトロリーは経済的で手頃な価格であり、日常生活に欠かせないハンドツールです。

GCT-B手動プレーンビームトロリーとGCT-A手動プレーンビームトロリーの違いは、トロリーの使用中の車輪の衝突による車輪の損傷を防ぐために、車輪の周りに保護ブロックがあり、サービスが行われることです。寿命が大幅に延長されます。さらに、GCT-B手動プレーンビームトロリーで使用されている厚くて高精度の合金鋼板は、頑丈でコンパクトで耐久性があります。ホイールは、より耐摩耗性と滑り止めのために特別なプロセスで処理されており、 GCT-B手動プレーンビームトロリーがIビームから滑り落ちるのを防ぎ、安全性を高め、耐用年数を大幅に延長します。
手動プレーンビームトロリーを使用する場合は、注意が必要です。
1.手動のプレーンビームトロリーは、過負荷になることを固く禁じられています。
2.手動のプレーンビームトロリーが重い物体を持ち上げているとき、重い物体の下を歩いたり作業したりすることは固く禁じられています。
3.重い物体を持ち上げるときは、重心がIビームウェブの平面内にある必要があります。そうでない場合は、持ち上げないでください。
4.手動プレーンビームトロリーの異常な動きの場合は、無理に押し込まないで、すぐに使用を中止して原因を確認してください。
5.手動のプレーンビームトロリーは、留め具が緩んでいないか定期的にチェックする必要があります。
6.手動プレーンビームトロリーはIビームでサポートされています。そのため、変形、ねじれ、ひび割れ、基準を満たしていないなどの欠陥があるIビームはモノレールとして使用できません。

GCT-Bプレーントロリー 

容量 (t)

Iビーム幅(んん)

NW(kg)

0.5

68-126

5.3

1

80-146

8.7

2

80-168

10.4

3

88-168

24

5

100-170

36

10

122-203

83

20

122-203

215


  • 前:
  • 次:

  • ここにあなたのメッセージを書いて、私たちに送ってください